雑誌論文(査読付き)

  1. Iku Ohama, Hiromi Iida, Takuya Kida, and Hiroki Arimura: The Relevance Dependent Infinite Relational Model for Discovering Co-Cluster Structure from Relationships with Structured Noise, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 4, 1139-1152, 2016.
  2. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: An efficient Variable-to-Fixed-length encoding using multiplexed parse trees, In Journal of Discrete Algorithms, Vol. 32, pp. 75-86, May 2015.
  3. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: A Variable-length-to-fixed-length Coding Method Using a Re-Pair Algorithm, IPSJ Transactions on Databases, Vol.6, No.4, pp.17-23, September, 2013.
  4. Satoshi Yoshida, Takashi Uemura, Takuya Kida, Tatsuya Asai, and Seishi Okamoto: Improving Parse Trees for Efficient Variable-to-Fixed Length Codes, Journal of Information Processing, Vol.20, No.1, pp.238-249, January, 2012.
  5. Takashi Uemura, Daisuke Ikeda, Takuya Kida, and Hiroki Arimura: Unsupervised Spam Detection by Document Probability Estimation with Maximal Overlap Method, 人工知能学会論文誌, Vol. 26, No. 1, pp.297-306, January, 2011.
  6. 喜田拓也: 分散木と共用文字列で表現される符号上での効率良い圧縮照合アルゴリズム, 電子情報通信学会和文論文誌, Vol.J93-D, No.6, pp.733-741, 2010年6月.
  7. 喜田拓也: STVF符号: 頻度刈り込み接尾辞木を用いた効率良いVF符号化, 日本データベース学会論文誌DBSJ Journal, vol.8, No.1, pp.125-130, June 26, 2009.
  8. H.Sakamoto, S.Maruyama, T.Kida, S.Shimozono: A space-saving approximation algorithm for grammar-based compression, IEICE Trans. on Information and Systems, E92, D(2), pp.158-165, February, 2009.
  9. 上村卓史,喜田拓也,有村博紀: プロパティ接尾辞木のオフライン線形時間構築アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J91-D, No.03, pp.595-607, March, 2008.
  10. 上村卓史, 喜田拓也, 有村博紀: 単語幅を制約した接尾辞木の効率のよい構築アルゴリズム, FIT情報科学技術レターズ, Vol.5, pp.5-8, September, 2006.
  11. 喜田拓也, 南俊朗: テキストファイルによる図書目録画像データベースの構築と管理, DBSJ Letters, Vol.4, No.2, pp.61-64, 2005年9月28日.
  12. 喜田拓也: Arc-annotation 付きテキストに対するパターン照合アルゴリズム, FIT情報科学技術レターズ, vol.4, pp. 25-28, 2005年9月.
  13. T. Kida, Y. Shibata, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: Collage system: A unifying framework for compressed pattern matching, Theoretical Computer Science, 298, pp. 253-272, Elsevier Science, Apr. 2003.
  14. M. Takeda, Y. Shibata, T. Matsumoto, T. Kida, A. Shinohara, S. Fukamachi, T. Shinohara, and S. Arikawa: Speeding up string pattern matching by text compression: The dawn of a new era, 情報処理学会論文誌, 42(3), pp. 370-384, 情報処理学会, Mar. 2001.(情報処理学会 創立40周年記念論文賞 受賞)
  15. T. Kida, M. Takeda, A. Shinohara, M. Miyazaki, and S. Arikawa: Multiple Pattern Matching in LZW Compressed Text, Journal of Discrete Algorithms, 1(1), pp. 133-158, Hermes Science Publishing, Dec. 2000.

国際会議(査読付き)

  1. Iku Ohama, Issei Sato, Takuya Kida, and Hiroki Arimura: On the Model Shrinkage Effect of Gamma Process Edge Partition Models, In Proceedings of the 31st Annual Conference on Neural Information Processing Systems (NIPS2017), pp.396-404, December 2017.
  2. Iku Ohama, Takuya Kida, Hiroki Arimura: Discovering Relevance-Dependent Bicluster Structure from Relational Data, In Proceedings of the 26th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI 2017), pp.2578-2584, Melbourne, August 2017.
  3. Isamu Furuya and Takuya Kida: Compaction of Church Numerals for Higher-Order Compression, Data Compression Conference 2018 (DCC2018), IEEE Press, p.410, Snowbird, UT, March 27 - March 30, 2018.
  4. Takuya Masaki and Takuya Kida: Online Grammar Transformation based on Re-Pair Algorithm, Data Compression Conference 2016 (DCC2016), IEEE Press, pp.349-358, Snowbird, UT, March 29 - April 1, 2016.
  5. Iku Ohama, Takuya Kida, and Hiroki Arimura: Multi-Layered Framework for Modeling Relationships between Biased Objects, in Proceedings of the 15th SIAM International Conference on DATA MINING (SDM 2015), Society of Industrial and Applied Mathematics, 819-827, 2015.
  6. Satoshi Yoshida, Hirohito Sasakawa, Kei Sekine, Takuya Kida: Direct Access to Variable-to-Fixed Length Codes with a Succinct Index, In Proceedings of Data Compression Conference 2014 (DCC 2014), p.436, Snowbird, Utah, USA, March 2014.
  7. Kei Sekine, Hirohito Sasakawa, Satoshi Yoshida, Takuya Kida: Adaptive Dictionary Sharing Method for Re-Pair Algorithm, In Proceedings of Data Compression Conference 2014 (DCC 2014), p.425, Snowbird, Utah, USA, March 2014.
  8. Iku Ohama, Hiromi Iida, Takuya Kida, and Hiroki Arimura: An Extension of the Infinite Relational Model Incorporating Interaction between Objects, in Proceedings of the 17th Pacific-Asia Conference on Advances in Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD2013), Lecture Notes in Computer Science, Vol. 7819, 147-159, 2013.
  9. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: Effective Variable-Length-to-Fixed-Length Coding via a Re-Pair Algorithm, Proc. of Data Compression Conference 2013 (DCC 2013), p.532, Mar., 2013.
  10. Kei Sekine, Hirohito Sasakawa, Satoshi Yoshida, and Takuya Kida: Variable-to-Fixed-Length Encoding for Large Texts Using Re-Pair Algorithm with Shared Dictionaries, Proc. of Data Compression Conference 2013 (DCC 2013), p.518, Mar., 2013.
  11. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: Analysis of Multiplexed Parse Trees for Almost Instantaneous VF codes, Proc. 3rd IIAI International Conference on e-Services and Knowledge Management (IIAI ESKM 2012), pp. 36-41, Sep., 2012.
  12. Jumpei Fujikawa, Takuya Kida, Takashi Katoh: Extracting refrained phrases from music signals using a frequent episode pattern mining algorithm, In Proc. of IEEE International Conference on Granular Computing (GrC2011), pp.199-202, November, 2011.
  13. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: On Performance of Compressed Pattern Matching on VF Codes, In Proc. Data Compression Conference 2011, p.486, Snowbird, Utah, March, 2011.
  14. Takashi Uemura, Takuya Kida , Satoshi Yoshida, Tatsuya Asai and Seishi Okamoto: Training Parse Trees for Efficient VF Coding, Proc. of the 17th Symposium on String Processing and Information Retrieval(SPIRE2010), Lecture Notes in Computer Science 6393, pp.179-184, October, 2010.
  15. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: An Efficient Algorithm for Almost Instantaneous VF Code Using Multiplexed Parse Tree, Proc. Data Compression Conference 2010, pp.219-228, Snowbird, Utah, March 2010.
  16. Takuya Kida: Suffix Tree Based VF-Coding for Compressed Pattern Matching, In Proc. Data Compression Conference 2009, p.449, March, 2009.
  17. Hideyuki Ohtani, Takuya Kida, Takeaki Uno, Hiroki Arimura: Efficient Serial Episode Mining with Minimal Occurrences, Proc. of The 3rd International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication (ICUIMC 2009), pp.471-479, January, 2009.
  18. Takuya Kida, Tomoya Saito, and Hiroki Arimura: Flexible Framework for Time-Series Pattern Matching over Multi-Dimension Data Stream, Proc. the First International Workshop on Algorithms for Large-Scale Information Processing in Knowledge Discovery (ALSIP2008), pp.5-16, April, 2008.
  19. Tomoya Saito, Takuya Kida, Hiroki Arimura: An Efficient Algorithm for Complex Pattern Matching over Continuous Data Streams Based on Bit-Parallel Method, Proceedings of The Third IEEE International Workshop on Databases for Next-Generation Researchers (SWOD'07), pp.13-18, April, 2007.
  20. Takuya Kida: Faster Pattern Matching Algorithm for Arc-Annotated Sequences, Proceedings of Dagstuhl Workshop on Federation over the Web, LNAI3847, pp.25-39, 2006.
  21. H. Sakamoto, T. Kida, and S. Shimozono: A Space-Saving Linear-Time Algorithm for Grammar-Based Compression, The Eleventh Symposium on String Processing and Information Retrieval (SPIRE2004), Lecture Notes in Computer Science 3246, pp. 218-229, Springer-Verlag, Oct. 2004.
  22. T. Kida and H. Arimura: Pattern Matching with Taxonomic Information, Asia Information Retrieval Symposium (AIRS2004), pp. 265-268, Oct. 2004.
  23. M. Takeda, S. Miyamoto, T. Kida, A. Shinohara, S. Fukamachi, T. Shinohara, and S. Arikawa: Processing Text Files as Is: Pattern Matching over Compressed Texts, Multi-Byte Character Texts, and Semi-Structured Texts, Proc. 9th International Symposium on String Processing and Information Retrieval (SPIRE2002), Lecture Notes in Computer Science 2476, pp. 170-186, Springer-Verlag, Sep. 2002.
  24. T. Kida, T. Matsumoto, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: Multiple pattern matching algorithms on collage system, Proc. 12th Annual Symposium on Combinatorial Pattern Matching (CPM2001), Lecture Notes in Computer Science 2089, pp. 193-206, Springer-Verlag, Jul. 2001.
  25. G. Navarro, T. Kida, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: Faster Approximate String Matching Over Compressed Text, Proc. Data Compression Conference (DCC2001), pp. 459-468, IEEE Computer Society, Mar. 2001.
  26. T. Matsumoto, T. Kida, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: Bit-parallel approach to approximate string matching in compressed texts, Proc. 7th International Symposium on String Processing and Information Retrieval (SPIRE2000), pp. 221-228, IEEE Computer Society, Sep. 2000.
  27. Y. Shibata, T. Kida, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: Speeding up pattern matching by text compression, Proc. 4th Italian Conference on Algorithms and Complexity (CIAC2000), Lecture Notes in Computer Science 1767, pp. 306-315, Springer-Verlag, Mar. 2000.
  28. K. Tamari, M. Yamasaki, T. Kida, M. Takeda, T. Fukuda, and I. Nanri: Discovering poetic allusion in anthologies of classical Japanese poems, Proc. 2nd International Conference on Discovery Science (DS'99), Lecture Notes in Artificial Intelligence 1721, pp. 128-138, Springer-Verlag, Dec. 1999.
  29. T. Kida, Y. Shibata, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: A unifying framework for compressed pattern matching, Proc. 6th International Symposium on String Processing and Information Retrieval (SPIRE'99), pp. 89-96, IEEE Computer Society, Sep. 1999.
  30. T. Kida, M. Takeda, A. Shinohara, and S. Arikawa: Shift-And approach to pattern matching in LZW compressed text, Proc. 10th Annual Symposium on Combinatorial Pattern Matching (CPM'99), Lecture Notes in Computer Science 1645, pp. 1-13, Springer-Verlag, Jul. 1999.
  31. T. Kida, M. Takeda, A. Shinohara, M. Miyazaki, and S. Arikawa: Multiple pattern matching in LZW compressed text, Proc. Data Compression Conference (DCC'98), pp. 103-112, IEEE Computer Society, Mar. 1998.

研究会・講演会 口頭発表

  1. 小笠原 智明, 今井 浩, 喜田 拓也: On Enumeration of Spatial Proximity Patterns by Rectangle of Fixed Range in two Dimensions電子情報通信学会技術研究報告, 116(211), pp.29-35, September 2016.
  2. 栗田和宏, 和佐州洋, 喜田拓也, 有村博紀: グラフに含まれる誘導マッチングの列挙情報処理学会 第157回アルゴリズム研究会, 2016年3月.
  3. 新井野 昴, 喜田拓也: ビートを意識したリズムパターンのランダム生成, 第110回音楽情報科学研究会, 一般社団法人情報処理学会, 2016-MUS-110, 5, pp.1-6, 相愛大学 本町キャンパス, 2016年2月29日.
  4. 正木拓也,喜田拓也: 制約付きRepairに基づいた適応型ブロック伸長法によるデータ圧縮アルゴリズム情報処理学会 第154回アルゴリズム研究会, 福岡県 九大西新プラザ,2015年9月.
  5. 正木拓也,喜田拓也: 制約付きRepairアルゴリズムと等価な半オンライン型置換アルゴリズム情報処理学会 第153回アルゴリズム研究会, 北海道 定山渓ビューホテル,2015年6月.
  6. 喜田拓也, 笹川 裕人: 音響音声信号検索システムの規模拡張性に関する検討, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), F1-4, 磐梯熱海ホテル華の湯, 2015年3月2日.
  7. 眞野修一, 喜田拓也: 支配地図を用いたサッカーのシーン推定, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), F2-1, 磐梯熱海ホテル華の湯, 2015年3月2日.
  8. 喜田拓也,高田 怜: 大規模楽曲データベースに対する超高速検索に関する検討, 第8回DCC・第105回MUS合同研究発表会, 一般社団法人情報処理学会, 2014-MUS-105, pp.1-8, 2014年11月21日.
  9. 正木拓也,笹川裕人,喜田拓也: Dense符号化のための文法圧縮分割第149回アルゴリズム研究会,山形県 伝国の杜, 2014年9月.
  10. 正木拓也,笹川裕人,喜田拓也: 日本語テキストに対する検索指向符号化のための文法圧縮分割FIT2014 第13回情報科学技術フォーラム, 茨城県 筑波大学,2014年9月.
  11. 笹川 裕人, 関根 渓, 吉田諭史, 喜田拓也: 簡潔索引を用いたVF符号上の部分文字列抽出, 第148回アルゴリズム研究会, AL 148-8, 情報処理学会, 愛媛県, 2014年6月.
  12. 高田 怜,喜田拓也: 大規模音声信号データベースに対する超高速部分一致近似検索手法, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014), F9-4, 淡路夢舞台&ウェスティン淡路, 2014年3月5日.
  13. 三浦 亮,喜田拓也: 画像の特徴抽出手法を利用した楽曲のセグメンテーション, 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014), F9-5, 淡路夢舞台&ウェスティン淡路, 2014年3月5日.
  14. 寺島裕貴,喜田拓也: 勾配情報を用いたLocal Binary Patternの改良 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014), F5-4, 淡路夢舞台&ウェスティン淡路, 2014年3月4日.
  15. 高田 怜, 喜田拓也: 歌唱者の異なる同一楽曲の検索に適した音楽指紋, 第100回 音楽情報科学研究会(SIGMUS100), 一般社団法人情報処理学会, 2013-MUS-100(7), pp.1-6, 2013年8月24日.
  16. 三浦 亮, 寺島裕貴, 喜田拓也: Hough変換を用いた楽曲構造の境界抽出, 第100回 音楽情報科学研究会(SIGMUS100), 一般社団法人情報処理学会, 2013-MUS-100(30), pp.1-6, 2013年8月24日.
  17. 関根渓,笹川裕人,吉田諭史,喜田拓也: 大規模テキストに対する共有辞書を用いたRe-Pair圧縮法第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), No. C10-2,福島県,2013年3月.
  18. 関根渓,笹川裕人,吉田諭史,喜田拓也: 共有辞書を用いた効率の良い圧縮アルゴリズム第156回データベースシステム研究発表会, Vol.2012-DBS-156,No. 7,京都府,2012年12月.
  19. 吉田諭史,喜田拓也: Re-pairアルゴリズムを用いた効率よいVF符号ERATO湊離散構造処理系プロジェクト「2012年度 初夏のワークショップ」, 北海道,2012年6月.
  20. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: An Efficient VF Coding via Re-Pair Algorithm, In International Workshop on Information Search, Integration and Personalization (ISIP'2012), Sapporo, Japan, Oct., 2012.
  21. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: A Multiplexed Parse Tree for Almost Instantaneous VF Codes, In the 15th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC 2012), Tokyo, Japan, July, 2012.
  22. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: On Performance of VF Codes, The 5th International Symposium on Global COE Program of Center for Next-Generation Information Technology Based on Knowledge Discovery and Knowledge Federation (GCOE-NGIT 2012), Hokkaido University, Sapporo, January, 2012.
  23. ⼤濵 郁, 飯⽥ 裕美, 喜⽥ 拓也, 有村 博紀: ⾮対称で個体差がある関係データ分析のための機会調整型無限関係モデル, 第8回情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML), 信学技報, vol. 111, no. 480, IBISML2011-87, pp.1-8, 2012年3⽉. (IBISML2011年度研究会賞ファイナリスト受賞)
  24. ⼤濵 郁, 喜⽥ 拓也, 有村 博紀, 阿部 敏久: 位置情報付き個⼈コンテンツ分類のための線形HMM を⽤いたイベントクラスタリング, 第4回情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML), 信学技報, vol. 110, no.476, IBISML2010-105, pp.9-16, 2011年3⽉.
  25. 吉田諭史,喜田拓也: 効率よいVF符号化のための分節木を訓練する新手法, 第10回情報科学技術フォーラム, A-008, 2011年9月.
  26. 吉田諭史, 喜田拓也: 効率よいVF符号のためのMDL原理に基づく分節木の訓練手法, 情報処理学会 第152回 データベースシステム・第103回 情報基礎とアクセス技術 合同研究発表会, Vol. 2011-IFAT-103, No. 14, pp.1-8, 2011年8月.
  27. Satoshi Yoshida and Takuya Kida: A Combination of Variable-length-to-Fixed-length Coding with Arithmetic Coding for Efficient Compression and Pattern Matching, In 5th Workshop on Compression, Text, and Algorithms, Los Cabos, Mexico, October, 2010.
  28. 吉田諭史, 喜田拓也: VF符号と算術符号の組合せ手法による照合速度と圧縮率向上について, 情報処理学会 第150回データベースシステム研究会・第99回情報基礎とアクセス技術研究会 合同研究発表会, Vol. 2010-IFAT-99, No. 10, pp.1-8, 2010年7月.
  29. 吉田諭史, 喜田拓也: 仮想的な多重分節木による効率良いAIVF符号, 第148回 データベースシステム・第95回 情報学基礎 合同研究発表会, 2009年7月28日
  30. 喜田拓也: VF符号上における圧縮照合アルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, COMP2009-18, 109(108), pp.1-8, 2009年6月22日.
  31. 喜田拓也: 頻度刈り込み接尾辞木によるVF符号化, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2008), 2009年3月.
  32. 中野智晴,喜田拓也: JPEG画像に対する2次元パターンマッチングアルゴリズム, 電子情報通信学会技術研究報告, パターン認識・メディア理解(PRMU), vol.108(363), pp.25-30, 2008年12月11日.
  33. 大谷英行,喜田拓也,宇野毅明,有村博紀: 極小出現区間を用いた頻出エピソード発見アルゴリズムの高速化, 情報処理学会jDBフォーラムDBS研/FI研合同研究会, pp.113-120, 2008年6月12日.
  34. Takuya Kida: Compressed Pattern Matching Accelerates Keyword Search, In Proc. of 2008 Interenational Workshop on Multi-Media Signal Processing (IWMMSP 2008), pp.27-32, June, 2008.
  35. Takuya Kida: Compressed Pattern Matching Accelerates Keyword Search, Interenational Workshop on Multi-Media Signal Processing (IWMMSP 2008), Hokkaido University, January, 2008.
  36. 上村卓史,喜田拓也,有村博紀: ウェブ閲覧における効率的なキーワード抽出とその利用, データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb2007), 7B(2)-1, 2007年11月.
  37. Takuya Kida: Pattern Matching on Compressed Text, International Symposium for the 55th Anniversary of CNU Chungnam National University, Chungnam National University, Daejeon, Korea, October 24, 2007.
  38. 上村卓史,喜田拓也,有村博紀: プロパティ接尾辞木: メタデータ付き系列データのための効率よい索引構造, 第6回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2007), D-020, 2007年9月.
  39. 斉藤智哉,喜田拓也,有村博紀: ビット並列手法に基づく大規模連続ストリームパターン照合, 第6回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2007), D-019, 2007年9月.
  40. 上村 卓史, 喜田 拓也, 有村 博紀: プロパティ接尾辞木のオフライン線形時間構築アルゴリズム, 電子情報通信学会技術報告, COMP2007-10, pp.71-78, 2007年4月26日.
  41. Takuya Kida, Takashi Uemura, and Hiroki Arimura: Online Construction of Truncated Suffix Tree with Word Count Limitation, Proceedings of DMSS2006, pp.104-108, September, 2006.
  42. Takuya Kida, Takashi Uemura, and Hiroki Arimura: Application of Truncated Suffix Trees to Finding Sentences from the Internet, Proceedings of Core-to-Core Workshop, p.18, July, 2006.
  43. 喜田拓也, 南 俊朗: 図書目録カード画像検索システムの改善−扱いやすく柔軟なインタフェースへの移行−, 電子情報通信学会技術研究報告, データ工学, vol.105, No.172, pp.151-156, 2005年7月7日.
  44. 喜田拓也,坂本比呂志,下薗真一: 省スペースな線形時間文法圧縮アルゴリズム, コンピュテーション研究会, 信学技報 COMP-2004, 2004年9月, 北海道大学.
  45. 喜田拓也,有村博紀: 分類階層を考慮したパタン照合アルゴリズム, 人工知能学会第56回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 2004年7月, 登別.
  46. 喜田拓也,坂本比呂志: 省スペースな線形時間文法圧縮アルゴリズム, 2004年夏のLAシンポジウム, 14, 2004年7月, 淡路島夢舞台国際会議場.
  47. 喜田拓也、宮本 哲、竹田正幸: 文字列照合技術に基づくXMLデータ処理, 情報科学技術フォーラム(FIT)2002, (D-28), pp. 55-56, 2002年9月, 東京工業大学.
  48. 喜田拓也: 長さの制限つきギャップと文字クラスを含むパタンに対する照合アルゴリズムの改善, 2002年度夏のLAシンポジウム, [16], 2002年7月, ウェルサンピア千葉.
  49. 喜田拓也、貴福友晴、竹田正幸: 半構造化テキストに対する文字列照合アルゴリズム, 2001年度冬のLAシンポジウム, [30], 2002年2月, 京大会館.
  50. 喜田拓也、竹田正幸、篠原歩: 圧縮テキスト上の近似文字列照合問題, 2001年度夏のLAシンポジウム, [9], 2001年7月, 宮城蔵王ロイヤルホテル.
  51. 喜田拓也、柴田裕介、竹田正幸、篠原歩、有川節夫: 圧縮テキストに対する文字列照合のための統一的枠組み, 情報処理学会第59回(平成11年後期)全国大会講演論文集(1), (2G-02), pp. 175-176, 1999年9月, 岩手県立大学.
  52. 喜田拓也、竹田正幸、篠原歩、有川節夫: LZW圧縮テキストに対する高速文字列照合アルゴリズム, 情報処理学会第57回(平成10年後期)全国大会講演論文集(1), pp. 143-144, 1998年10月, 名古屋大学.
  53. 喜田 拓也、竹田 正幸、宮崎 正路、篠原 歩: Z圧縮テキストに対する文字列照合アルゴリズムの実働化, 第50回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, p. 275, 1997年10月, 琉球大学.

記事/紀要/学位論文

  1. 中野 智晴,喜田 拓也: JPEG画像に対する2次元近似パターンマッチング, 画像ラボ, 2009/09/05発売号, pp.6-11, 2009年9月5日.
  2. 有村博紀,喜田拓也: データストリームのためのマイニング技術, 特集「データマイニング技術」,情報処理, 46(1), pp. 4-11, 鈴木英之進・鹿島久嗣(編), 2005.
  3. 南俊朗、喜田拓也: RFIDタグを利用した自動化図書館への課題と夢, 季刊 文教施設, 文教施設協会, Vol. 9, 2003年新春号.
  4. 南俊朗、喜田拓也: 図書館における情報リテラシー教育と情報検索講習会, 九州大学情報基盤センター広報(学内共同利用版), Vol. 2, No. 1, 2002年.
  5. 九州大学附属図書館研究開発室: 電子図書館のための検索サービス技術に関する研究・開発, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト報告書, 2002年3月.
  6. Takuya Kida: Pattern Matching on Compressed Texts, 博士論文(九州大学), July, 2001.
  7. Takuya Kida: Fast Pattern Matching Algorithms in Compressed Texts, 修士論文(九州大学), March, 1999.

著書/その他

  1. Discovery Science: 20th International Conference, DS 2017, Kyoto, Japan, October 15-17, 2017
    Akihiro Yamamoto, Takuya Kida, Takeaki Uno, Tetsuji Kuboyama (Eds.), Springer, 376ページ, ISBN:978-3319677859
  2. 正規表現技術入門 ― 最新エンジン実装と理論的背景(WEB+DB PRESS plus)
    新屋 良磨, 鈴木 勇介, 高田 謙: 技術評論社, 2015年4月14日.(6.3節「ビットパラレル手法によるマッチング」寄稿)
  3. 基礎から学ぶ 情報理論
    中村篤祥,喜田拓也,湊 真一 共著, ムイスリ出版, A5判, 224ページ, 2013年4月, ISBN:978-4-89641-215-4.

受賞

  1. 情報処理学会創立40周年記念論文賞
    M. Takeda, Y. Shibata, T. Matsumoto, T. Kida, A. Shinohara, S. Fukamachi, T. Shinohara, and S. Arikawa: Speeding up string pattern matching by text compression: The dawn of a new era, 情報処理学会論文誌, 42(3), pp. 370-384, 2001.