Linuxの最近のブログ記事


ubuntu7.10でcanonのLBP3410を使えるようにした。


Ubuntu Server(on VMware Server)のキーボード設定。

Tera Termからの入力はkeyboard-setupで自動的に日本語キーボード設定になったんだけど、VMware Console上では同じことをしても変化しないので再び設定をした。

こちらこちらを参考に

# dpkg-reconfigure console-setup

とすると、Ubuntuをインストールしたときの設定画面が出たので適当に選択。
無事に日本語キーボードとして認識された。


TeraTermがUTF-8で送受信していることもあって、日本語表示のためにUbuntuのEmacsをUTF-8化。
こちらのページを参考にしてみる。

うまく日本語の表示ができたところで、

>まぁ,emacs-cvs 使えば一気に解決する問題ではあるんですがね(^^;

とのことなので、どうせなら新しいのを入れてみようかと思い、
こちらを参考にインストール。

error: C compiler cannot create executables
のエラーはconfig.logの中身がこちらと同じだったのでlibc6-devをapt-getして解決。

無事に日本語表示まで行き着くも、なぜかAnthyが見つからないとかでエラー。load-pathにいろいろ追加してみても改善しない。Anthyはとりあえず外す。
しかしscreenを抜けた状態で立ち上がらないことに気付く。

Cannot open termcap database file

とのこと。こちらのページを参考にlibncurses5-devをapt-getするも、コンパイルしなおさなきゃいけないみたいで悲しい。

いろいろしてる途中でこちらのページを見つけ、emacs-snapshotを入れれば良いことに気付く。

emacs-snapshotをapt-getして、色も付けて快適。良かった良かった。


VMWareに入れたUbuntu 7.04 serverのキーボード設定が英語キーボードだったので日本語キーボードに直す。

$ sudo /etc/init.d/keyboard-setup start

で自動的に判別してくれた。


ちなみにVMWareへのUbuntuをインストールはここを参考にしてみた。


ubuntu7.04でcanonのLBP3410を使えるようにした。


発表用のスライドを作りに当たり、S5 reloadedというソフトを使ってみることにした。
HTML、css、Javascriptなんかを使ったプレゼンテーション用テンプレートで、ブラウザ上で表示する。
他にもHTML形式のプレゼンツールにはHTML Slidyというのもあるが、S5 reloadedの方で。
なかなか面白い。

ただデスクトップとノートとのモニタの縦横比の違いにより、見え方が変わってしまっているので、その辺は気をつけなきゃいけない。

とりあえずやってみよう。


画像はInkscapeからsvg形式で。


$ xfontsel

使用可能な論理フォント名を対話的に探す。


$ wc filename

行数 単語数 バイト数

を表示。

2008年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30