パソコンの最近のブログ記事


Teraterm 上でファイル転送 の続き。


前回立ち上げなおしたりしないとうまくいかなかったのは、screenを使ってたからっぽい。

screen上でsz、rzを使うには、ホームフォルダ(~/)の.screenrcに

zmodem auto

と書く。
auto以外にもいろいろ設定できるけどとりあえずこれでいいか。

ただscreen上でsz、rzすると、なぜか表示がずれるようになるので、結局screenを立ち上げなおしてしまう。

終了はCtrl + cでできる。

scpとか使わなくていいので便利。

なんか最初うまくいかなかったけど、
設定ファイルを開いては閉じたり、
Teratermを立ち上げなおしてたりしたら、できた。

ログイン先で rz して、
[ファイル]→[転送]→[ZMODEM]→[送信]
で送信するファイルを選ぶ。

ログイン先で sz filename して、
[ファイル]→[転送]→[ZMODEM]→[受信]
ファイルの保存先は、
[ファイル]→[ディレクトリの変更]
で変更する。



追記:
Ctrl + xを適当に連打してるとそのうち終了する。

なにやらXAMLっていうのが面白いらしく、Visual Studio 2008にはGUIエディタが付いているような気配だったので、早速導入することに。
Beta版なのでTeam Suiteをダウンロードしたものの、やたら容量が大きいのでExpress Editionも並行してダウンロード。
とりあえずインストールしてみると、Express Editionでも無事にXAMLをペタペタGUIで作ることができた。


というわけで、特に意味は無いんだけどUbuntu7.04をインストール。
XPとのデュアルブートにした。

解像度の変更になかなか手間取ってしまった。

これからどんどんと使いこなしていこうと思う。

2008年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30